【奈良県野迫川村へ寄贈させて頂きました】
新刊『出会ってくれてありがとう-二十一日で世界七十八億人に幸せを届ける方法』(静岡新聞社)内に熊野の森を掲載する中で、野迫川村にある勝手神社の樹の写真を使わせて頂きましたお礼に、書籍を寄贈に行かせていただきました。その場で龍神詩を野迫川教育委員会に『喜び』、野迫川小中学校に『新しい生命』、野迫川村役場の皆さん、住民の皆さんへ『起』を創作させていただきました。離島を除き、最も人口の少ない村が野迫川村だとお聴きしました。移住した新しい方たちも増えているそうで、村のあり方をみんなで協力しています。そこに集うみんなが幸せでありますように。
そして、勝手神社の巨木にも挨拶に行くと、今は朽ちた樹から、新しい生命、違う生命たちがそこに宿っていました(下写真)。まるでこの野迫川村の象徴のようでした。

奈良県野迫川村に新刊『出会ってくれてありがとう-二十一日で世界七十八億人に幸せを届ける方法』(静岡新聞社)を寄贈しました。

奈良県野迫川村にて

野迫川村教育委員会に集う皆様へ 龍神詩『喜び』
ここに生まれ、
ここに育つ。
ひとと出会い、生命を、
心をつないでいく。
笑ってほしい。喜んでほしい。
安心して輝いていられますように。
2021.10.24

野迫川村小中学校に誠二郎の書籍『出会ってくれてありがとう-二十一日で世界七十八億人に幸せを届ける方法』(静岡新聞社)寄贈しました。

野迫川村小中学校に向けて

野迫川村小中学校に集うみんなへ 龍神詩『新しい生命』
意味があって、ここにいる。
意味があって、ひとと出会う。
出会うなら、生きるなら、
みんなが幸せでいてほしい。
新しい希望のみんなだから。
安心して、今を。
2021.10.24

野迫川村役場と村の人達へ誠二郎の書籍『出会ってくれてありがとう-二十一日で世界七十八億人に幸せを届ける方法』(静岡新聞社)寄贈しました。

野迫川村役場と村の人達へ

野迫川村役場、そして、村のすべての皆様へ
龍神詩『起』

ここだから、できないことがある。
でも、ここだからできること、
ここでできないなら、どこもできない。
信じてほしい。自分を。
出会うひとを。集うみんなを。
己を走る。大切な人生を。
2021.10.24

誠二郎書籍『出会ってくれてありがとう-二十一日で世界七十八億人に幸せを届ける方法』(静岡新聞社)
世界が変わる十のメッセージ その五『悩みとは』に掲載しています。勝手神社の今にも崩れそうな巨木です。

誠二郎書籍『出会ってくれてありがとう-二十一日で世界七十八億人に幸せを届ける方法』(静岡新聞社)世界が変わる十のメッセージより その五『悩みとは』

誠二郎書籍『出会ってくれてありがとう-二十一日で世界七十八億人に幸せを届ける方法』(静岡新聞社)世界が変わる十のメッセージより その五『悩みとは』

そして、今のこの巨木には、新しい違う生命を宿す土台となっていました。まるでこの村の象徴のようでした。

野迫川村勝手神社の巨木

野迫川村勝手神社の巨木