今日の龍神詩 -愛のことば -

愛するセナへ

~愛犬セナへの詩
「セナの無償の愛というか、まっすぐな瞳にどれだけ助けられてきたか・・・」

p_story2.jpg

私にとってセナは・・・息子であり、恋人であり、よき理解者であり、そばにいてくれるだけでこころが休まる、私の大事な大事な、愛しい人です。私が何かで泣いていた時、遊ぼうと思って駆け寄ってきたセナが、私の顔を見てそっと、私に身体を寄せて座ったんです。今でも同じ事はするのですが、初めてその行動を見たときにはセナが「僕がそばにいるよ」って言ってくれたみたいで余計に泣いてしまいました。その後、私の涙を一生懸命なめてくれました。何回も何回も。甘えん坊で、何も芸は出来ないけれど、やさしい子なんです。すいません。親バカです。。。

離婚も、リストラも、自慢出来る事ではないし、あえて、人に話す事ではないと思いますが、いろいろあったから今の私があると思っています。その中で、セナの無償の愛というか、まっすぐな瞳にどれだけ助けられてきたか・・・

ネットショップをはじめたのもセナのおかげ。このショップは、絶対つぶしたくないんです。もう店舗数が増えすぎて、ネットショップだけでは厳しいだろうと業界では言われているらしいですが、前向きに考えるようにしています。

後日、メールが届き、セナがもし言葉が話せたらなんて言うだろうと伝えてくれました。犬や猫など動物は、大きな役割があって、飼い主さんのところに来たのだと思います。きっと、すべてわかってくれているように思います。

いつも、一緒にいてくれて、ありがとう。

あなたのまっすぐな瞳に、どれだけ助けられただろう。

あなたと出会えたこと、あなたと過ごす毎日、たくさん、たくさん、ありがとう。

ずっといっしょにいようね。

関連記事一覧

最近の記事

PAGE TOP