News&お便り

幼い頃、吃音(きつおん)だったそうです。

私がせいさんの本をプレゼントした会社の後輩に、先日せいさんから戴いた小冊子をプレゼントしたら、とっても喜んでくれました。その子のお母さんが涙を流して感動してくれたそうです。
その後輩も、幼い頃吃音だったそうです。お母さんはとても悩んだそうなんです。その頃のことを思い出し、気持ちがこみ上げてきたんだろうって言ってました。(千葉県Nさん)

 
 ありがとう。吃音(どもり)の方は結構います。
 一生懸命隠していると思います。
 僕の両親も子どものとき心配したと聴いたことがあります。 
 子どもは、悩んでいることすら隠してしまうかもしれません。
 何でこんなに強がってしまうんでしょうね^^
 小冊子とは、僕の物語と素敵な物語を紹介した
 手作りで配っている本です。 
 結構たくさんの方が感動してくれる方はいてくれるようですが、
 今はディープなメッセージは必要ないと想っているのが本音です。
 今年一杯ぐらいで配るのを辞める予定です。
 欲しいと想ってくれる方はポストカードでも本でも
 何か買ってくれた方にお入れしています。
 物語は、こちらから読めます。
 >>自分を好きになれる日まで。雑誌メッセンジャーより
 

関連記事

最近の記事

  1. 「幸せでいてください」-究極の平和運動-【せいさん録語(365)】vol.1111 2014.10.31

  2. 「大切なことは…」-人生-【せいさん録語(365)】vol.1110 2014.10.30

  3. 【お便り】涙がとまりませんでした。

  4. 【イベント報告&今日の龍神詩】知っている 癒しフェア東京inビッグサイト 二日目

PAGE TOP