今日の龍神詩 -愛のことば -

古希お祝いに義理のお父さまへ「世界でひとつあなただけの詩」

過去に届けた「世界でひとつあなただけの詩」の整理をしようと、
いただいた想いやメールを読み返しています。
家族に想いを伝えたい。大切な彼に、彼女に、友達に。お世話になった職場の人に。
素敵な物語がたくさんです。
少しずつみなさんにご紹介できればと思っています。

今回は義理のお父さまの古希お祝いに届けた詩を物語と一緒にお届けします。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

古希お祝いに義理のお父さまへ
【世界でひとつお父さんだけの物語】

義理の父で私の旦那様のお父様にあたります。
定年までは高校の数学の先生をしていました。
現在は英会話を習いに行っていて、一人で海外旅行を楽しんだりしています。
去年初めてイギリスにホームステイに行ってこられました。
あと太極拳を習っていて、今では教える側にまで上達しているようです。
中国にまで太極拳を習いにいったりして、すごく本格的に勉強されています。
毎日英会話や中国語や韓国語のラジオも聞いています。
通信制の大学にも行っていて、よく京都などにも一人で勉強しに行っています。
とにかくやり始めたら飽きることなくコツコツと頑張られるようです。

子供は私の旦那様を含めて3人、子供の中で結婚しているのは今のところ私の旦那様だけです。
お父さんにとっては初孫にあたる健太(2歳)をとても可愛がってくれます。
健太の名付け親でもあります。顔もお父さんにそっくりです。
ふとした時の表情が本当にお父さんに似ていておかしいぐらいです。

私にとっては義理の父ではありますが、とてもやさしくしてくれてすごく感謝していま
す。私は20歳の時に実の父を病気で亡くしていますので、またお父さんと呼べる人ができたことがとてもうれしいのです。私にとってお父さんという存在は本当に大切で大きいものなのです。
笑い顔がとてもやさしくて笑うと目がなくなります。
人に気を使わせないような雰囲気の方です。私も一緒にいて何もしゃべらなくても間がもつというか、そんな人柄です。

若い頃は亭主関白だったようですが、現在は全くのそれとは正反対な感じです(笑)
私にとって義理の母にあたるお母さんも去年還暦のお祝いをしたばかりです。
還暦を迎えたとは思えないぐらいまだまだ若くて明るい自慢の母です。
私のことも大事にしてくれます。保母さんなので子供の事もすぐに相談できるので心強
いです。
現在も毎日忙しく働きに出ているので、家の中のことはお父さんがかなり協力してされているようです。そういう夫婦関係を見ていると素敵だなぁと思います。

とにかくお酒とお刺身が大好きで、それがあるととってもご機嫌な父です!
料理も上手で、一度カレーライスをご馳走になったのですがとても美味しかったです。

いつも何か集まりのようなものがあると幹事などを頼まれる人柄のようです。
近所の集まりなどでも頼りにされているようです。
とにかく元気に好きなことをしながら長生きしてほしいというのが、家族みんなの願いだと思います。

若い頃は苦労したようで、4つか5つぐらいの時にお父様が亡くなったようです。
それからお母様が女でひとりで一生懸命働きながら育てられたと聞きました。
兄弟もいなくて寂しかったこともあったと思われます。
大学で一度東京に出たようですが、熊本にお母様がひとり残っているということで就職は熊本に帰ってこられたようです。

いちばん近い身内であるお母様が亡くなられた時は、きっとものすごく辛かったと思います。
けれど新しい家庭ができて、たくさんの子供を授かったことはお父さんにとってこの上なく幸せなことだったと思われます。
そういう話を私も結婚してから聞いて、荒木の名前を受け継ぐ男の子を産めてよかったなぁと勝手に思ってしまいました。
お父さんはひとりじゃない!家族みんながいつも側にいるよという気持ちを強く伝えたいです。

マイペースに好きなことをコツコツやり、毎日が充実してるみたいで楽しそうです。
やることが多くて時間が足りないと笑いながら話しているのが印象的でした。
とにかく健康に気をつけながら今のままのお父さんでいてほしいと心からそう思っています。

そんな感じで詩もお父さんが感激してくれるような心に残るものをお願いしたいと思っています。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「世界でひとつ、お父さんだけの詩」

笑うと目がなくなるお父さん。
お酒が大好きなお父さん。
いつも優しく見守ってくれるお父さん。
お父さんがいてくれたから、
家族みんなが安心していられる。
子どものときは寂しい思いをしたこともあったと思う。
でも今はこんなにもたくさんの家族がいる。
こんなにもたくさんの幸せを届けてくれている。
お父さん、いつも本当にありがとう。
いつまでも元気で笑っていてほしい。
いつまでもお母さんとニコニコ笑っていてほしい。
お父さんの幸せ、家族みんなの大きな幸せ。

世界でひとつ、荒木家だけの絆
古希祝 2008年3月23日

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

【いただいたお声】

こんにちは!荒木です。
先日は本当にお世話になりましてありがとうございました^^

無事古希のお祝いも終わりました。
すごくにぎやかに楽しいひとときをみんなで過ごすことができました。
父も大変喜んでくれたみたいで、お願いして本当に良かったと思います。
毎日あの詩を読んでくれているみたいです。
母も喜んでくれたみたいでせいさんのこともいろいろ聞かれました。

これからもいろんな人達を幸せにしてあげてください。
今後の活動も応援しています。頑張ってください!
ありがとうございました!!!

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

お父さんにとって娘さんになりますが、
こんな風に想ってくれるお嫁さんが来てくれてとても幸せでしょうね^^
本当のお父さんお母さんのように親しんでいて、甘えたり、優しくしたり、
そんな関係を築くことができること素敵なことだと思います。
世界でひとつあなただけの詩から優しい気持ちが届いたら私たちも幸せです。
ありがとうございました。

NOZOMI

関連記事一覧

PAGE TOP